一般内科

診察中急な症状から生活習慣病などの慢性疾患まで、幅広い内科診療を行っています。下記の症状や疾患、そして体調不良や健康不安などがありましたら、早めにご相談ください。また、インフルエンザをはじめ、各種ワクチンの予防接種も行っています。

一般内科で対応している疾患と症状

急性症状

  • 発熱
  • 頭痛
  • 鼻水
  • 喉の痛み
  • 胸の痛み
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 下痢
  • 便秘貧血
  • 不整脈
  • 動悸・息切れ
  • めまい・ふらつき
  • むくみ
  • 血尿

など

急性疾患

  • 風邪
  • 上気道炎
  • 気管支炎
  • インフルエンザ
  • 肺炎
  • 膀胱炎

など

慢性疾患

  • 糖尿病
  • 脂質異常症(高脂血症)
  • 高血圧、高尿酸血症(痛風)
  • 動脈硬化
  • 肥満
  • メタボリックシンドローム
  • 喘息
  • 肺気腫
  • 慢性的な頭痛
  • 不眠症
  • 骨粗鬆症
  • アレルギー

など

体調不良・健康不安

  • 疲れやすい
  • 熱っぽい
  • 気分が悪い
  • 全身倦怠感・脱力感
  • 食欲不振
  • 急な体重の減少・増加
  • なんとなく調子が悪い
  • いつも眠い
  • 健康診断の結果に不安がある
  • がんなどの病気リスクが気になる

など

風邪・新型コロナウイルス感染症・インフルエンザについて

風邪

鼻や喉の粘膜に病原体が感染して炎症が生じている呼吸器の急性炎症です。8-90%はウイルスが原因で発症し、鼻水、鼻づまり、喉の痛み、咳、発熱といった症状を起こします。特に基礎疾患がある方は放置していると気管支炎や肺炎を起こす可能性があります。受診して経過を確認し、完治するまで無理をしないことが重要です。また、症状が軽い場合であっても持続する時は早めに受診してしっかり治しましょう。
ウイルス性の風邪の場合は抗生物質(細菌を殺すお薬)が無効です。免疫力を高めて早くウイルスを追い出す薬や、鼻づまりやのどの痛みなどの症状を改善させる薬で治癒を促します。

新型コロナウイルス

コロナウイルスは風邪を引き起こすウイルスのひとつとして、もともと非常にポピュラーなウイルスでした。冬場の風邪症候群の35%近くがコロナウイルスによるものであったと言われています。
コロナウイルスが感染力の高いウイルスに変異して起きた大流行(パンデミック)が2019年に発生しました。新型コロナウイルスは徐々に変異しており、症状や潜伏期、感染期間も変化してきています。

新型コロナウイルスワクチン

4回目接種まで行われていますが、2022年9月30日で公費負担は終了する予定です。接種希望の方は早めのご予約をお願いいたします。

インフルエンザ

インフルエンザインフルエンザウイルスに感染して発症します。感染力が強く、流行すると短期間に感染が広がります。潜伏期間1~5日後に38℃以上の高熱、筋肉痛、悪寒、頭痛などが現れます。その後、咳や痰、腹痛、下痢、息切れ・呼吸困難などを起こすこともあります。急激に高熱が出るなど風邪に比べると症状が重く、気管支炎や肺炎、脳炎や心不全なども起こしやすいとされています。

インフルエンザ予防接種

例年、10月1日から予防接種を行っています。翌年1月31日までですが、後になるとワクチンの供給が不足する可能性がありますので、早めの予約をお勧めしています。

自由診療

ED(勃起不全、勃起障害)について

十分な勃起ができなくなっている状態です。ペニス内の海綿体に血液が十分供給されない勃起不全、そして十分な血液が供給されてもそれを持続できないなどの勃起障害も含みます。

日本では軽度も含め1800万人がEDであると考えられており、成人男性の3人に1人の頻度で起こっているとされています。当院では問診票にお答えいただくだけでED治療薬の処方が可能です。原則的にお身体の診察は必要ありません。

原因

血管や神経などによって生じる器質的EDと、心因性の機能的EDに分けられます。
器質的EDでは、加齢や生活習慣病などによる血管障害、糖尿病・手術による神経障害などが原因になって生じます。機能的EDは、ストレスやうつ病などによって生じることがあります。

診断

既往症の有無やその内容、飲んでいる薬など、問診表にご記入いただいたうえで診断・処方します。病態が複雑な方や、専門的治療が必要な方は専門科(泌尿器科)をご紹介します。

治療薬

  即効型 中間型 持続型
商品名 バルデナフィル錠 バイアグラODフィルム シアリス錠
メーカー 東和薬品 ファイザー 日本新薬
効果発現/ピーク 15分~/1時間 30分~/1時間 1時間~/3時間
持続時間 4時間(10mg錠)
8時間(20mg錠)
4時間 36時間
食事の影響 軽い食事はOK 高脂肪食で効果減弱
空腹時に内服
食事で効果減弱
食事の影響あまりなし
副作用 比較的でやすい
胃の不快感、顔のほてり、頭痛、動悸、頻脈、紅潮、鼻づまり、目の充血など
比較的でにくい
顔のほてり、頭痛、動悸、頻脈、紅潮、鼻づまり、目の充血など
出にくい
背部痛、顔のほてり、頭痛、動悸、頻脈、紅潮、鼻づまり、目の充血など

治療費用

※ 診察料、薬剤料ともに全額自費となります。

ED治療 価格一覧表 
バルデナフィル 10mg 1,500円 
バルデナフィル 20mg 1,700円
バイアグラODフィルム25mg 900円
バイアグラODフィルム 50mg 1,000円
シアリス錠 10mg 1,800円
シアリス錠 20mg 2,000円

緊急避妊薬

アフターピルとも呼ばれており、避妊具なしでの性行為、性暴力を受けてしまった時など、望まない妊娠を阻止するためのお薬です。性行為のあと72時間以内に服用することで、高確率で妊娠を防ぐことが可能とされています。当院でも緊急避妊薬(アフターピル)の処方が可能です。
(婦人科診察はできません。避妊や月経困難症治療目的でのピル処方も行っておりません。性暴力被害にあわれた場合は、以下の窓口にご相談ください。

性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター(一覧) (gender.go.jp)

自費診療価格表

自費診療価格表はこちら

TOPへ