過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群腹痛、下痢や便秘、膨満感などの症状が慢性的に続きますが、炎症など粘膜の器質的な異常が発見されない疾患です。大腸に関係する症状が主に現れることから以前は過敏性大腸と呼ばれていましたが、現在は小腸を含む腸全体の機能異常が関与して発症することがわかってきており、過敏性腸症候群と呼ばれるようになっています。
主な発症原因はまだはっきりとはわかっていませんが、腸の蠕動運動などの機能や知覚過敏によって症状が起こり、緊張や不安といったストレス、過労・睡眠不足、食生活など生活習慣も症状のきっかけや悪化に大きく関与することがわかっています。
先進国に比較的多い病気であり、発症頻度が高いのは20~40代と若い世代の発症が多い傾向があります。慢性的な下痢や便秘によって、学業や仕事に支障を生じやすく、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の低下につながりやすいので、早期の適切な治療が重要になります。
強い腹痛や下痢・便秘などの便通異常といった主な症状は、多くの疾患と共通していますので、正確な鑑別のためには大腸カメラ検査で病変の有無を確認することが重要です。下痢や便秘は単なる体調不良と捉えられやすく、放置されることも少なくありませんが、過敏性腸症候群は状態に合わせた適切な治療で改善が可能な病気です。疑わしい症状がある場合にはできるだけ早く消化器内科を受診して、適切な治療につなげましょう

こうした症状があったら、早めに受診してください

過敏性腸症候群のセルフチェック

  • 下痢と便秘を交互に繰り返す
  • 突然、強い腹痛や激しい下痢が起こる
  • 通勤・通学時に途中下車してトイレに駆け込むことがある
  • 大事な会議やプレゼン、学校での発表やテストなどの前に腹痛を起こしやすい
  • 硬くて小さい便が少量しか出ず、残便感がある
  • 静かな場所でお腹がゴロゴロ鳴って気になる
  • 緊張するとガスが出る
  • 寝ている間は症状が出ない
  • 便通異常や腹痛、膨満感が1か月以上続いている

こうした症状がある場合、過敏性腸症候群が疑われます。

原因

過敏性腸症候群原因はまだ明確にされてはいませんが、世界中で行われている数多くの研究で腸の免疫異常の関与が指摘されています。他にも、腸内フローラの影響、食事や睡眠といった生活習慣も発症や悪化に関与していると考えられています。消化管の機能は自律神経がコントロールしており、ストレスなどで自律神経のバランスが崩れると蠕動運動機能が低下・亢進して便秘や下痢の症状につながりますので、ストレスも発症や悪化に大きく影響します。

腸と脳の密接な関係「脳腸相関」

脳と腸は自律神経系やホルモンやサイトカインを介して密接に関係を及ぼし合うことが近年の研究で明らかになってきており、この密接な関係は脳腸相関と呼ばれています。
脳が送り出すストレス信号を受け取った腸管神経叢は、その反応として腹痛・ガス・便通異常・膨満感などの症状を起こします。こうした症状が脳に伝わることで再びストレス信号が伝達され、症状の悪循環が起こります。過敏性腸症候群では、こうした情報が伝わりやすくなっており、それによって腸が過敏に反応して機能異常を起こし、症状を起こすと考えられています。

下痢や腹痛と腸内のセロトニン

セロトニンは神経伝達物質であり、脳からのストレス信号を受け取ると腸内の粘膜からセロトニンが分泌され、腸の蠕動運動機能に大きく影響して腹痛や下痢などを起こします。こうした原因で症状が起こっている場合にはセロトニンのコントロールが症状の改善に有効になることがあります。

過敏性腸症候群の症状

消化管症状には、腹痛、下痢、便秘、残便感、膨満感、お腹がゴロゴロ鳴るなどがあり、それ以外の症状として不眠、不安感、抑うつ、頭痛、めまい、肩こり、食欲不振などが生じることもあります。主に下痢や便秘といった便通異常が慢性的に起こり、強い腹痛をともないますが、排便によって症状が一時的に解消します。症状は食事やストレスなどに誘発され、睡眠中に症状を起こすことがないという特徴があります。
下痢型・便秘型・便秘と下痢を繰り返す交代型、そして膨満感が強いなどの分類不能型に分けられます。他の型の症状に変わっていくこともあります。

下痢型

突然、激しい腹痛が生じてトイレに駆け込むと、水のような下痢になり、排便後は一時的に症状が改善します。こうした症状を1日に何度も繰り返すこともあります。通勤や通学など外出に不安を感じ、それがストレスとなって症状悪化につながりやすいので、疑わしい症状がある場合はできるだけ早くご相談ください。

便秘型

腸管がけいれんして便が滞り、過度に水分を吸収された便が小さく硬くなって、強くいきんでもウサギの糞のような便が少量しか出ない便秘の状態が続きます。排便の際には腹痛を起こし、残便感があります。

交代型

便秘と下痢を交互に繰り返し、強い腹痛があります。

分類不能型

お腹がゴロゴロ鳴る腹鳴、お腹が張る腹満感、ガスが止まらない放屁など、便通異常以外の症状を起こします。

検査と診断

問診で症状やライフスタイルなどについてくわしく伺って、腹部の腫瘤や圧痛の有無を確認するための触診を行います。次に、大腸カメラ検査などで他の腸疾患(大腸がん、潰瘍性大腸炎、クローン病、感染性腸炎など)による病変が確認できない場合に過敏性腸症候群が疑われます。

診断は世界的な過敏性腸症候群の診断基準となっているRome基準にそって行われます。

1か月間で3日以上、腹痛・腹部不快感があり、下記の2項目以上にあてはまる場合に診断されます

  • 排便によって症状が改善する
  • 排便の頻度の変化にともなって症状が現れる
  • 便の形状の変化によって、症状が現れる

できるだけ早く大腸カメラ検査を受ける必要があるケース

  • 50歳以上で発症した
  • 腹痛や便通異常などに加え、発熱がある
  • 短期間に3㎏以上の体重減少があった
  • 直腸からの出血など血便がある

過敏性腸症候群とその他の疾患の違い

過敏性腸症候群

症状

下痢、便秘、腹痛、腹部不快感

特徴

慢性的な症状がありますが、大腸粘膜に病変はありません。

大腸がん

症状

腹痛、便秘、血便、便が細くなる、残便感

特徴

進行して大腸がんが大きくなり、便の通過が妨げられるとこうした症状を起こします。

大腸がんはこちら

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)

症状

腹痛、下痢、血便

特徴

腸の粘膜に炎症や潰瘍、ただれができる慢性疾患で、難病指定されており、患者数が増加傾向にあります。

炎症性腸疾患はこちら

感染性腸炎

症状

腹痛、下痢、嘔吐

特徴

ウイルスや細菌、寄生虫などの病原体に感染して腸粘膜に炎症を起こしている状態です。

大腸憩室炎

症状

腹痛、便秘、下痢、血便

特徴

大腸粘膜にポケット状のくぼみである憩室ができ、その中で細菌感染を生じて炎症を起こしています。

乳糖不耐症

症状

腹痛、下痢、吐き気、膨満感

特徴

乳糖を分解・消化する酵素が欠乏しており、牛乳などを摂取すると消化吸収ができずに下痢などを起こす状態です。病気ではなく、体質的な問題です。

症状

血便、排便時の痛み、いぼ状のふくらみ

特徴

痔は便秘を合併して互いを悪化させることが多くなっています。また、肛門からの出血を痔によるものと誤解して放置し、大腸がんを進行させてしまうこともあります。

治療

診察中生活習慣が発症や悪化に大きく影響しますので、食事療法や運動療法を続けることが重要です。下痢型・便秘型では一部異なる対応が必要になりますので、医師と相談し、できるだけストレスなく続けられる方法を見つけることが重要です。

食事療法

食物繊維を積極的にとるようにしましょう。栄養バランスがとれたメニューを心がけ、3食を毎日同じような時間にとるようにしてください。水分摂取は重要ですが、下痢型の場合、下痢を誘発する冷たい飲料は避けましょう。
腸内環境を整える乳酸菌もお勧めできます。ヨーグルトなどの乳製品だけでなく、漬物や納豆なども有効です。
なお、喫煙や飲酒、唐辛子など刺激が強い香辛料、油脂の多い食事は症状を悪化させやすいので、できるだけ控えてください。

運動療法

軽い運動を日常的に続けることで血行や代謝が改善し、腸の機能を正常に導く効果も期待できます。また、ストレスの解消にも適度な運動は役立ちます。

薬物療法

つらい症状を解消するために、薬物療法による治療を行います。消化器内科では様々な消化器症状を解消するための多くの治療薬から、患者様の症状や状態、ライフスタイルなどにきめ細かく合わせた処方が可能です。

TOPへ