大腸カメラ検査

大腸カメラ検査とは

大腸カメラ検査とは先端にカメラが付いた内視鏡スコープを挿入し、大腸全域の粘膜を詳細に確認できる検査です。

検査中に組織を採取できますので、幅広い疾患の確定診断が可能です。当院では内視鏡専門医が最新の内視鏡システムを使って精度が高く楽に受けていただける大腸カメラ検査を行っています。
当院では経験豊富な内視鏡専門医が高度な手法を使って検査を行っていますので苦痛を大幅に和らげることができます。さらに、鎮静剤を用いることでさらに楽に検査を受けていただけます。また、大腸カメラ検査は事前に大量の下剤を服用して腸をきれいにしてから検査をしますが、下剤の服用が苦手な方用の方法もございます。検査に対する不安や苦手意識のある方も、お気軽にご相談ください。

女性医師による大腸カメラ検査

女性医師による大腸カメラ検査当院では、女性が安心して気軽に胃カメラ検査・大腸カメラ検査を受けられるよう、女性医師による内視鏡検査を行っています。大腸カメラ検査はおしりからスコープを挿入しますので、抵抗感が強い女性の方もいらっしゃいます。内視鏡検査では緊張などで体に力が入ってしまうと余計な負担を生じやすくなるため、リラックスして検査を受けていただけるよう、女性特有の体調変化などを気兼ねなくご相談頂ける女性医師による検査を提供していますので、安心してご相談ください。

最新の内視鏡システムを導入

最新の内視鏡システムを導入当院では、高度な観察を可能にする最新鋭の内視鏡システム『LASEREO 7000システム』(富士フイルム社)を導入しています。早期がんに特有の血管分布や表面構造の微細な変化を発見しやすい機材です。スピーディで精度の高い検査の実現に役立っています。

当院の大腸カメラ検査の特徴

内視鏡専門医による大腸カメラ検査

内視鏡専門医による大腸カメラ検査当院の胃カメラ検査・大腸カメラ検査は全て、内視鏡専門医が行っています。数多くの内視鏡検査・治療・手術経験を重ねてきた高度なスキルを生かせる最新機器を使うことで、早期発見や正確な診断につながる精緻な検査を短時間に行うことができます。検査中に発見した大腸ポリープも、詳細に観察した上でサイズや形状などに適した手法を用いて切除しています。きめ細かく配慮し、洗練された手法で検査を行っていますので、苦痛や不快感も大幅に低減できます。

鎮静剤を使用した苦痛の少ない大腸カメラ検査

ウトウトと眠っているようなリラックス状態で楽に受けていただけるよう、鎮静剤を使った検査を行っています。苦痛や不快感がなく、筋肉に余計な力が入らないので短時間に安全性の高い検査が可能になります

大腸ポリープの日帰り切除手術

大腸ポリープの日帰り切除手術大腸がんの多くは放置された大腸ポリープから時間をかけて発生すると考えられており、大腸ポリープの段階で切除してしまえば将来の大腸がん予防につながります。当院では大腸カメラ検査中に大腸ポリープが発見された場合、その場で切除する手術が可能です。ポリープの形状や大きさなどに合わせて適切な手法を用いた日帰り手術として行いますので、入院や別日のスケジュールを改めて組む必要はなく、下剤の服用といった事前準備も1日で終わらせることができます。

大腸ポリープの
日帰り切除はこちら

検査後、寝たままリカバリールームに移動

検査後、寝たままリカバリールームに移動検査で鎮静剤を使った場合、検査後しばらくはリカバリールームでお休みいただいております。当院では、検査後に寝たままの状態でリカバリールームまでお運びしますのでしっかりお休みいただけます。

胃と大腸の同日検査が可能

当院では、胃カメラ検査と大腸カメラ検査の両方を1日で受けられるようにしています。事前の食事制限も1回で済み、お忙しい方でも検査スケジュールを組みやすくなっています。同日検査が可能かどうかは、医師が判断いたしますので、ご希望の方はご相談ください。

二酸化炭素送気の使用

二酸化炭素送気の使用大腸は大きく曲がっており、隅々まで観察するためには気体を送り込んでヒダやシワを伸ばす必要があります。空気を送り込む検査方法が一般的ですが、長くお腹の張りが残ってしまうため、当院では吸収の早い炭酸ガスを使用し、お腹の張りが速やかに解消するようにしています。

日曜日の大腸カメラ検査が可能

日曜日の大腸カメラ検査が可能平日はなかなかスケジュールをつくれないという方のために、当院では日曜日の胃カメラ検査・大腸カメラ検査も行っています。胃がんや大腸がんは自覚症状のない早期発見によってほとんどは楽な治療で完治できます。お忙しい方に有効な検査ですので、健康管理にお役立てください。

検査を受けるタイミング

大腸がんの発症ピークは60代ですが、ほとんどの大腸がんは放置された大腸ポリープからゆっくり発生しますので、有効な予防のためには大腸ポリープのリスクが上昇しはじめる40歳を超えた時期がはじめての大腸カメラ検査のベストタイミングです。また、大腸がんや大腸ポリープになったご家族がいる場合など、リスクが高い方には40歳前の大腸カメラ検査をお勧めしています。
健康診断では大腸がんのスクリーニング検査として便潜血検査を行っていますが、便潜血検査は出血の有無をみるだけの検査ですので、早期大腸がんの発見は困難であり、進行した大腸がんがあっても見逃されることも珍しくありません。大腸カメラ検査は、早期の微細な大腸がんや前がん病変の大腸ポリープの発見や、確定診断が可能な唯一の検査であり、大腸ポリープに関しては大腸がん予防につながる切除をその場で行うこともできます。日帰り手術として受けられますので、心身への負担も最小限に抑えられます。

特に早い大腸カメラ検査をお勧めしたい方

  • 40歳以上で、大腸カメラ検査を受けたことがない方
  • 排便時に血が出る
  • 便に血や粘液が混じる
  • 赤っぽい便が出る
  • 下痢や便秘になりやすくなったなど便通が以前と変わった
  • 便が細くなった
  • 下痢や便秘を繰り返す
  • 腹痛を起こしやすくなった
  • 血液検査で貧血を指摘された
  • 便潜血検査陽性を指摘された
  • 以前、大腸ポリープを指摘されたことがある

など

大腸カメラ検査の流れ

Step1検査前日

検査前日(朝、昼、夕ともに)のお食事は食べカスが残りにくいように検査食(3食入り自費で1500円)を購入していただきます。基本は検査食を食べていただきますが足りない方はご自身で消化の良いものをプラスしていただいて良いです。アルコールの摂取は控えてください。寝る前に錠剤(下剤のひとつ)を飲んでからお休みください。
最終食事時間は下剤の種類により異なります。(下剤は4種類用意しております)看護師が丁寧に説明いたします。

下剤の種類 用法 最終食事
① オレンジ味の少量タイプ 150ml×2回
前日夕方と当日朝
18時
② 梅塩味の即効タイプ 1.2〜2ℓ
当日朝
21時
③ ポカリ味 1.8ℓ
当日朝
21時
④ 錠剤タイプ 50錠
当日朝
21時

検査前日

  • 下剤を一気に飲むのが苦手な方
    ① がオススメ。水分はたくさん摂る必要があります。
  • 便秘気味の方(寒い時期は特に下剤の効きが悪くなる)
    ② がオススメ。当院のファーストチョイス
  • 飲みやすいのがよい方
    ③ がオススメ。しかし効き目は遅い
  • 液体は受け付けない方
    ④ がオススメ。

検査当日の持ち物

  • 保険証、診察券
  • 検査費用

※クリニックで下剤を内服される場合、4時間以上の待ち時間が発生します。
パソコンや本などお持ちいただけますと幸いです。(無料WiFiサービスがご利用いただけます)

Step2来院後

来院後検査時間の30分前までにご来院ください。
ガウンと検査用ズボンに着替えていただきます。鍵付きロッカーを使用します。
鎮静剤を希望される方には点滴をしてから検査を行います。
切除可能なポリープが見つかればその場で切除します。
実際の検査時間は20分程度です。
※自分で自動車、バイク、自転車を運転して来院された場合は、鎮静剤は使用できません。
公共交通機関を利用してご帰宅ください。

Step3検査後

検査後ご希望の方は検査結果をお伝えいたします。
内視鏡で撮影した画像を見ながら検査結果の説明をします。
(鎮静剤を使用した方は1時間ほど回復室で休んだ後になります)
ポリープが見つかり、切除した場合は、切除後1週間は飲酒、激しい運動はできません。また、生検をさせていただいた方に関しましては、検査結果がでるまで2週間程度かかりますので、それ以降に改めて説明させていただきます。
検査後の飲食時間については受付より用紙をお渡しして説明いたします。

大腸カメラ検査の費用

検査内容 1割負担の方 3割負担の方
大腸カメラ検査のみ 2,500円程度 7,500円程度
大腸カメラ+病理組織検査 3,000円〜5,000円程度 9,000円〜15,000円程度
大腸内視鏡ポリープ手術 7,000円〜10,000円程度 21,000円〜30,000円程度

受診レポート

検査食の購入が必要になります。自費で1500円になります。味も食べやすかったです。

受診レポート寝る前に赤い粒の薬を飲んで寝ました。
夜中にお腹が痛くなることはなかったです。

受診レポート当日の朝からこれを飲みました。
味はポカリスエットをしょっぱくした感じ。
飲みづらいかなぁと思いましたが、冷やすと飲みやすかったです(^^)

受診レポート3杯目を飲んだ位から排便が始まった感じで、1.5ℓ飲んだ時にはカスのような物無くなっていました。
動きながら飲むと腸の動きも良くなるそうです(^^)
私は家事をしながら飲みました(^_^)
カスが無くなった時点でクリニックに電話をして来院時間を教えてもらいました。

受診レポート受付をして待合スペース(^^)
ソファでゆっくり出来ました。

受診レポート更衣室に移動して検査着と紙パンツに着替えました。

受診レポート紙パンツは穴が開いている方が後ろになるように
履くのがポイントです(^^)

受診レポート内視鏡室に移動していよいよ検査です。

受診レポート鎮静剤を使っての検査だったので、知らない間に寝ていて苦痛無く検査は終わりました。

受診レポート検査後はベッドのまま回復室に移動して眼が覚めるまで1時間程休めました。
初めての検査でドキドキしましたが、すごく楽に出来て良かったです(*^_^*)
以上、スタッフ体験レポートでした。

TOPへ